1. <menuitem id="6u4hj"></menuitem>

        <bdo id="6u4hj"><dfn id="6u4hj"></dfn></bdo>

        IHクッキングヒーター

        IHクッキングヒーターとは?

        illustration_08_K
        近年、ご利用されるお客様が増えてきたIHクッキングヒーターですが、不思議なことにIHクッキングヒーターは火も熱も出しませんので、安心?安全です。また、お掃除もサッと拭くだけの手軽さで、キッチンはいつも清潔です。
        パワフル火力で、掃除もラクラク!
        お料理がもっともっと楽しくなりますよ!

        IHクッキングヒーターの仕組み

        illustration_03
        左側のガスコンロは、ガスの炎によって鍋を熱し、その熱が鍋の中で内側から外側への対流を起こして中身を温めます。一方、右側のIHクッキングヒーターは不思議なことに火も熱も出しません。IHクッキングヒーターは機器の中の磁力発生コイルで磁力線を発生させ、この磁力線が鍋の底を通過することによりうず電流が発生します。このうず電流と鍋の底との電気抵抗により鍋の底が熱くなり、鍋の中身に熱が伝わり調理ができる仕組みです。

        IHクッキングヒーターの特徴

        point_Kitchen_01
        IHクッキングヒーターでは炎を使わないので、不完全燃焼や立ち消えの心配もありません。また、簡単操作に加え、安心機能も満載なので、お年寄りにも安心です。

        point_Kitchen_02
        IHクッキングヒーターは、200ボルトのハイパワーと優れたエネルギー効率ですばやく調理ができるので、時間もかからず、光熱費もお得です。時間とコストを節約できる「IHクッキングヒーター」。お勧めです!

        IHクッキングヒーターの仕組みでもご説明したように、IHクッキングヒーターは鍋を直接プレートの上に置き、なおかつ直接鍋のみに熱を発生させます。ガスコンロは火力はあるのですが、大気中に熱エネルギーを放出してしまいますので、結果的に下記ような、熱変換効率に違いが出てきます。熱変換効率が高いということは、それだけ短時間で調理できるということになりますので、燃料代も節約することができます。

        IHクッキングヒーターとガスコンロの熱変換効率の比較

        illustration_04

        IHクッキングヒーターとガスコンロの燃料代の比較

        graph_Kitchen_01

        算出データについてのご注意
        ※電気料金は、北陸電力「従量電灯B」を参考に算出。
        ※プロパンガス料金は、平成19年後期の北陸地方平均価格を参考に算出。
        算出は、消費税相当額を含む平均的な月額料金です。なお、算出額は居住地や機器の種類などのご利用条件や、物価の変動によって算出値は異なります。

        point_Kitchen_03
        photo_img_02凸凹のない平らなトッププレートだから、お掃除やお手入れも簡単です。油汚れもさっと一拭きするだけできれいに落ちます。また、燃焼による水蒸気の発生がないため、結露やカビ、ダニの発生が起こりにくく、キッチンをいつも清潔に保てます。また、揚げ物をした時も油が飛び散りにくく、壁やクロス、換気扇の油のベタつき、汚れを抑えます。

        よくある質問 Q&A

        IHクッキングヒーターに関して、お客様からよくご質問される点をご紹介いたします。

        gif_img_Question以前の鍋は使えるの?

        gif_img_Answer鉄製?ステンレス製の鍋やフライパンなどはそのままお使いいただけます。アルミ?耐熱ガラス?土鍋などはご使用いただけません。ただ、最近ではすべての金属製品の鍋やフライパンなどもご使用いただける製品が販売されておりますので、弊社やメーカーなどにお問い合わせください。また、IHクッキングヒーターでもご使用いただける土鍋なども販売されています。

        gif_img_Question電磁波の体への影響はないの?

        gif_img_Answer電気使用すると「電界」「磁界」が発生し、この二つをあわせて「電磁界」と呼びます。IHクッキングヒーターが及ぼす電磁界は、実は今まで私たちが使用してきた家電製品と同じ程度です。電磁界の強度や測定方法には国際基準があり、国内メーカーのIHクッキングヒーターは国際基準を大きく下回っています。

         

        Copyright © 2021 川口電気株式会社. All Rights Reserved